[マルモのおきて] - 藪からスティック
FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

藪からスティック

Lineage(MMO)に関する日記です。

amazon

カテゴリ

勝手にリンク

twitter

ランキング

バナー

韓国検索

リネ韓国関連サイト内検索

単語翻訳

リアルタイム検索

[3OH!3] Double Vision

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

[マルモのおきて]  

 

あらすじ

高木護は大手文具メーカー『あけぼの文具』のお客様相談室に勤務する平社員。学生時代は野球部に所属する万年補欠の捕手だった。ある日、野球部の同窓会が催され、投手で護とバッテリーを組んだ笹倉純一郎と久しぶりの再会を果たす。純一郎は妻と離婚後、双子の薫と友樹を男手ひとつで育てており、この上なく大切に慈しんでいた。
それから間もなく勤務中の護に、突然野球部の同級生から一本の電話が入り、純一郎ががんで亡くなったと告げられる。寝耳に水で激しく動揺する護。余命いくばくもない事を、周囲に、特に護に気を使わせまいと本人の意思で口止めしていたのだ。
両親を失った幼い薫と友樹は、それぞれ別の親戚のもとに引き取られる事を余儀なくされる。父を亡くした上、離れ離れになることは双子にとって辛く悲しいものであった。それから数日後、護の前にふとした理由で二人が現れる。おまけに友樹が偶然(?)出逢った「ムック」を連れていた。再会を心から喜ぶ双子だが、間もなく親戚の元に戻らなければならない。しかしそれは再び幼い二人の別離を意味する…。
様々な紆余曲折を経て、護は二人の父親代わりとなることを決意し、三人と一匹の共同生活が始まった。
護は自分達は「家族」だと二人に説き、改めて自分の名前を伝えるも、薫と友樹は護(まもる)のことを「マルモ」と呼ぶようになる。護は双子との間で「おきてノート」を作り、不器用ながらも「家族」となっていく。

 
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/05 Sun. 11:59 [edit]

thread: 洋楽

janre 音楽

音楽  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yabukarasuthikku.blog39.fc2.com/tb.php/295-1c96f046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。